奈良県の住宅に関する助成金を知る

注文住宅を建てる上で知っておきたいのが助成金についてです。助成金は一定の条件を満たすことによって、国や自治体から金銭的な支援を受けることができるというもので、条件さえ満たせば誰でも申請できます。

決して安くない注文住宅を購入するのですから、利用できる助成金制度は活用したいもの。そこでこちらでは奈良県の住宅に関する助成金についてご紹介します。

住宅の購入・転入に関する助成制度

こちらは奈良県の各市に住宅を購入した場合の助成金です。転入という条件がついているものもありますが、市外から引っ越してきた方にとっては見逃せません。

奈良市三世代同居・近居住宅支援事業補助金

「奈良市外に住んでいる世帯が、奈良市在住の親と同居するために住宅を購入し、三世帯になること」が条件です。補助金額は上限20万円となっています。

大和郡山市 転入・定住・家族の絆応援助成金制度

「40歳以下の方が大和郡山市に引っ越して、5年以上定住すること」が条件です。期限は平成30年3月31日まで。補助金額は市内で使える商品券20万円分となっています。更に子供がいる場合、三世帯居住になる場合は金額が加算されます。

宇陀市定住促進奨励金

「宇陀市内に住むことを目的として住宅を購入すること」が条件です。市外から引っ越してきた方は市内で使える10万円分の商品券が貰えます。こちらは元々宇陀市に住んでいた方も対象になり、その場合は5万円分の支給です。

天理市三世代同居、近居のための住宅支援事業

「未成年を含む三世帯で、市内に居住するために住宅を購入すること」が条件です。金額は20万円で、住宅ローンを利用する場合は金利を1.5%以上引き下げてもらうこともできます。

奈良県の木材を使用した住宅に関する助成制度

奈良県では地元の木材を使用した住宅に対して助成金が出る制度があります。奈良県での助成金制度は終了しましたが、現在も宇陀市と桜井市では引き続き行われている助成金制度です。

宇陀市産木材利用促進助成

宇陀市産の木材を使用した住宅を購入した際に、市内で使える商品券が交付されます。金額は宇陀市産の木材を使用した金額の半分以内です。木材利用証明書が必要で、そこから算出します。

桜井市内製材木等利用促進事業奨励金

「桜井市内に住宅を建築して、奈良県産の木材を5立方メートル以上使っていること」が条件です。構造材で使用していた場合は1立方メートルあたり1万円内装材で使用していた場合は1平方メートルあたり1万円が支給されます。

この様に奈良県では注文住宅を購入する際に活用できる制度が豊富に揃っています。これらを意識した住宅を建てることで、建築費用を節約することができますので、是非活用したいものです。

奈良でこだわり注文住宅を建てるために