建築業者の特徴を知る

マイホームを注文住宅で建てたい方のための情報サイトin奈良

注文住宅の依頼先は、ハウスメーカー・工務店・設計事務所の3つにわかれます。

注文住宅業者それぞれの強み・弱みを知っておこう。

業者の持つそれぞれの強み弱み、メリット・デメリットを知ることが、依頼先選びの第一歩になります。ご自身の希望にあわせて、選んでみてください。

ハウスメーカー

様々なメーカーの、多彩なスタイル、プラン、構造・工法の中から自分たちに合う注文住宅を選ぶ楽しさがあります。

基本的に工業生産住宅ですから、品質は均 一で、安心して住むことができます。また設計~法的手続き~施工など、すべてを一貫対応してくれるので、施主としてはなにかと負担が少ないです。

さらに実績のあるメーカーなら、アフターサービスの満足度も調べることができるので、安心して依頼できます。

「メーカーの標準規格から外れる設計などへの対応」 といった問題点もありますが、家の品質とアフターサービスのバランスでいうなら、ハウスメーカーこそが注文住宅を依頼するファーストチョイスと考えます。

工務店

一口に工務店といっても、いわゆる「大工さん」的な規模が小さいところもあれば、組織力のある中規模の会社的なところもあります。

業務のメインは施工で、設計業務は、提携先の設計事務所に依頼する場合が一般的です。設計の方針や工法については、施主のリクエストをそのまま図面化するケースが多く、あくまでもあなたが主役となった家づくりが進められます。

ただし、いろいろなタイプの工務店があるため、注意が必要です。特にアフターサービスについては、きちんとした体制が整っていない場合もありますので気をつけてください。

設計事務所

設計事務所というと、豪邸や奇抜な注文住宅を依頼するところというイメージがあるかも?

しかしそんなことはありません。敷地条件が厳しい狭小地や変形地にも、柔軟な発想で対応してくれます。施主の要求、敷地形状、環境などに十分に対応した設計を期待できるのが設計事務所です。

ただし、その名の通り、設計の専門家ですから、提携する施工業者のクオリティをしっかり確認しておく必要があります。

また、家というのは「建てる時」だけでなく、「建てた後」「建ててから」が大切な買い物です。完成後のメンテナンスの責任(担当する業者)については、明確にしておきましょう。

奈良でこだわり注文住宅を建てるために