適正な坪単価を知る

マイホームを注文住宅で建てたい方のための情報サイトin奈良

坪単価とは、家を建築する際の、床面積1坪当たりの工事費のことです。

具体的には、「建物自体の本体価格を、延べ床面積(各階の床面積を合計した坪数:1坪は約3.3 ㎡)で割ったもの」と定義されます。

都市や街で違う注文住宅の坪単価 奈良近郊編

坪単価の大きな特徴は、都道府県によって、大きな差があることです。また同じ都道府県でも、集中地域と過疎地域でも坪単価は違ってきます。

こうした坪単価の格差の原因は、原材料の流通価格差も多少はあるようですが、一番は建物工事費の約半分を占める「職人の人件費」や「建築会社の管理費」(人件費や事務費)などの違いとされています。

完全に一致するわけではありませんが、県民所得と相関関係があるとみられています。

  • 県民所得が低い→物価も低く、地価も低い→坪単価は相対的に低くなる。
  • 県民所得が高い→物価も高く、地価も高い→坪単価は相対的に高くなる。

ちなみに、奈良県を中心とした関西主要県の平均坪単価は、次のようになっています。

  • 奈良:65.0万円
  • 京都:65.1万円
  • 大阪:67.8万円
  • 兵庫:62.3万円

さらに補足しますと、人口100万人を超える大都市であれば、プラス2万円。 人口10万人を下回る小都市はマイナス2万円で考えるといいでしょう。

工法で違う注文住宅の坪単価

各県の平均坪単価を紹介しましたが、ここで坪単価についてもうひとつ知っておきたいポイントがあります。

それは、建てる工法によって、実際の坪単価が平均坪単価と違ってくるということです。

一般的な2×4(ツーバイフォー)工法を考えているなら、平均坪単価にほぼ同じ。木造軸組(在来)工法なら、平均坪単価より少し安め。多くのハウスメーカーで主流となっているプレハブ工法なら、平均坪単価よりも少し高めというのが目安になります。

奈良でこだわり注文住宅を建てるために