完成までの流れを知る

マイホームを注文住宅で建てたい方のための情報サイトin奈良

どんな仕事もそうですが、全体をつかんでおくと、スムーズに物事を運ぶことができます。というわけで、注文住宅の完成までの流れと注意ポイントを紹介します。

注文住宅完成までの道のり

■STEP1:事前準備 (情報収集、資金計画など)
インターネット、住まいの専門誌、モデルハウスなどで情報を集めながら、どんなマイホームをつくりたいか構想を固めます。
同時に、自己資金や住宅ローンの資金計画を立てます。

■STEP2:土地購入(★土地がない場合)
土地がない場合は、まず土地を買うことから始めなければなりません。
土地の形状やそのエリアの法規制などによっては、思い通りの住宅を建てられない、地歴によっては地盤の安全性に問題が潜むこともあるので要注意!
施工を依頼するハウスメーカーに土地探しからサポートしてもらうことも検討すべきです。

■STEP3:注文住宅で家の設計をする
設計者(設計士さんやメーカーなどの営業さん)に家のイメージや土地・資金の条件を伝え、家のイメージを具体化し、現実のカタチに落とし込んでいきます。

■STEP4:施工業者を選ぶ(候補選定~契約)
施工業者を選定し工事請け負いなどの契約を締結します。

■STEP5:地盤調査(地盤改良)~着工~竣工
地盤を調べて、改良が必要な場合は適切に改良してから、工事にかかります。
木造の場合、工事は主に次のような流れになります。

  1. 地盤調査・敷地調査
  2. 地鎮祭
  3. 基礎工事
  4. 上棟
  5. 木工事
  6. 外装工事
  7. 内装工事
  8. 建具・家具工事
  9. タイル工事
  10. 器具取り付け
  11. 竣工
  12. 建築主事による完了検査
  13. 検査済証の交付
  14. 竣工検査

■STEP6:施主に引き渡し。
建物の保証書や鍵、設備機器などの使用説明書を受け取ります。
これでついにマイホームが完成です。
着工してからは大体4ヶ月程度が目安となります。

奈良でこだわり注文住宅を建てるために