自然素材

マイホームを注文住宅で建てたい方のための情報サイトin奈良

ここでは自然素材を使った人にやさしい注文住宅をつくるための情報を集めました。

健康とエコへの意識が高まる注文住宅

自分の好きなオーダーをベースに家をつくるのが、注文住宅。せっかくだから、カラダにいい「自然素材の家」がいい!という方も少なくないのでは?

「自然素材の家」というのは、無垢材の床や漆喰の壁など、自然素材を積極的に用いた住まいのことをいいます。一般的には、日本本来の木を主体にした家づくりです。

木をはじめとた自然の素材が人気の理由は、なんといっても健康です。木材で家をつくるということは、シックハウスやアレルギーなどを引き起こすホルムアルデヒドなどのVOC(有機化合物)化学物質を除外できるということ。

また木には、温かな風合いや色が楽しめる、湿度の調節や消臭などの機能といった利点もあります。

様々な自然素材が家づくりにおいて注目をされています。たとえば、次のような自然素材がおもなところです。

  • 無垢の木
    衝撃の吸収力に優れているため、床をタイルや石材にするより、育ち盛りの子どもが走り回って、転んでも安心。
    さらに、反響音を吸収してくれるため音環境としても快適。
  • 漆喰や珪藻土の塗り壁
    湿度にあわせて湿気を吸収・放出する自然の調湿機能。温かみのある風合いは、リラックス効果も抜群。
  • 米由来の接着剤/柿渋(かきしぶ)の塗料/紙や羊毛を使った断熱材
    アレルギーやシックハウスなどを引き起こすホルムアルデヒドの放出量が抑えられます。

また健康とあわせて、エコロジーも最近の住宅のキーワードになっています。

太陽光発電パネル、高効率給湯器、家庭用燃料電池など、自然エネルギーを積極的に活用できる設備のついた家が増えています。

自分や家族の健康と同じように、かけがえないものとして、地球温暖化防止への意識が高まってきているというわけです。

奈良でこだわり注文住宅を建てるために